紅い瞳に映るセカイ

紅い瞳に映るセカイ 応援中!!
プロフィール

ゆな

Author:ゆな
日々怠惰に過ごすエロゲーマー。
純愛と厨二があればとりあえず生きていける安上がりな冥土。
絶賛ピーターパン・シンドローム発症中。

Twitter
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
応援しているメーカー様
あかべぇそふとつぅ様 応援中!!
ALcot様 応援中!!
August様 応援中!!
Clochette様 応援中!!
CUBE様 応援中!!
Eternal様 応援中!!
Eushully様 応援中!!
FAVORITE様 応援中!!
FrontWing様 応援中!!
HOOKSOFT様 応援中!!
light様 応援中!!
Lillian様 応援中!!
Lump of Sugar様 応援中!!
ぱれっと様 応援中!!
PULLTOP様 応援中!!
PurpleSoftware様 応援中!!
SAGA PLANETS様 応援中!!
TYPE-MOON様 応援中!!
ういんどみる様 応援中!!
Whirlpool様 応援中!!
ゆりんゆりん様 応援中!!
ゆずソフト様 応援中!!
応援バナー
紅い瞳に映るセカイ 応援中!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相州戦神館學園 八命陣 体験版レビュー ~ その肆

戦神館発売まで待ちきれねえぜ、そんなあなたにお送りしたいゆな日記。
そんな訳でこんにちは。
ついにカウントダウンも始まり発売まで秒読みとなった『相州戦神館學園・八命陣』。
今回は発売前にちょっと気になるポイントのおさらいをしてみようじゃないか、とそういった趣向の記事です。
四回も続けると思ってなかったから記事タイトル痛々しい(

触れてる内容は主に第二話と第三話です。
体験版の内容に触れまくるネタバレ記事になりますので、体験版未プレイで発売を
待っている犬士の皆さんは引き返すことをオススメします。

また、正田卿のTwitterアカウントをフォローしている方はご存知とは思いますが、
カウントダウンに合わせて四四八(と言う名の正田卿)と戦真館勢の面々(と言う名の正田卿)の
やりとりがTwitterで行われていますので、気になる方は両アカウントをフォローして眺めてみてはいかがでしょうか。

四四八:@yoshiya_hiiragi
戦真館:@ikusanomakoto
正田卿:@masada_takashi

怒りのバレンタインでやっていたようなあんな感じです。
ただ、これらのやりとりも体験版をプレイ済みであるのが前提であるような内容なので、
そこはご注意ください。

それでは、以上の注意を踏まえた上で発売までの暇つぶしにちょっと付き合ってやるかという方は先にお進みください。

◆第二話「悪夢襲来」
第二話
体験版レビュー壱の時に第二話もやるとか言っておきながら忘れ去られていたこの内容ですが、この話は主に世界観を四四八と共にプレイヤーに叩きつけると言う位置づけでしょうか。
コンセプトとしては
ssg02-01.jpg
からの

ssg02-15.jpg
ここへの落差みたいな感じでしょうかね(
そんな訳でちょこちょこ触れていきましょう。


◇水希
ssg02-29.jpg
そんな訳で、現状最高に怪しい存在な彼女なわけです。
千信館、つまり戦真館の面々は彼女に対して『根拠もなく湧き上がる信頼』を感じている訳ですが、それはそれとして彼女が怪しい存在であることは認識しているのも事実です。

二年間眠り続けていた眠り姫。
水希の立ち位置が怪しく見える直接的な原因は、神野明影らと既知であるような振る舞いですが、個人的には千信館學園など『夢の外の現実』での立ち居振る舞いも彼女への疑念を抱かせる原因となっています。



■夢界への誘い
あまり違和感ない(とゆなさん的には感じる)行動を取っている水希ですが、改めて見返すと彼女の行動こそが今回の状況を引き起こしているように見える訳です。
あらゆる行動が確信犯的な描かれ方をしているせいか直接的な怪しさはあまり感じないのですが、
ssg02-02.jpg
こういった言動により四四八たちの身内に入り込み、


ssg02-05.jpg
こうして夢へと全員の意識を向けさせ、

ssg02-06.jpg
極めつけにコレである。この発言は露骨に怪しいですが、見ようによっては水希がこの4人を夢界へ引きずり込んでいるように見えます。
と言うかそういうふうにしか見えません。

加えてこのシーン。
ssg02-08.jpg
淳史と水希の初顔合わせなわけですが、なんとも不自然な割り込み方。
四四八が淳史に物を渡しているシーンともあって、水希の怪しさが浮き彫りになっています。

こうなると、夢界に戦真館勢を引き込むサーバーは四四八であるのは間違いないとしても、
そのサーバーにログインするIDを発行しているような役割を水希が持っているようにも見えます。
第三話で鈴子が言っていたことですが、『四四八の所有物を持って寝る』と言う条件だけならば今までにそれを満たしている人物は確実にいるはずです。
にも関わらず、今回が初めての夢共有。
あるいは『四四八の眠りの位階が第三層以下であること』が条件なのかもしれませんが、
水希の行動を見ていると、彼女が何らかの付加を彼らにすることによって別の条件を満たしているのではないか、とも見て取れるんですよね。
……そうなると今度は恵理子についてが疑問になりますが、その点は後述します。


また後のシーンでこんな描写も。
ssg02-11.jpg
これはこれでまあそんなものかなと納得できる条件ではありますが、そうなると今度は敦士が条件から外れてしまいます。
敦士が教室で四四八たちの話を聞いていた、なども考えられますが、どうなんでしょうかね。
性格的に夢に入りたいとか思うような奴じゃないとは思いますが。
ただ、四四八たちの水希に対する印象と同様に、その辺の感情とかそういう諸々はどうとでもなるような気がするのも事実です。
無意識の内に夢へと意識が向けられていたとしてもまあ不思議ではありません。





◇恵理子
ssg02-28.jpg
そんなわけで、後述というか次の項なんですけどね。
そんなわけで四四八ママことそばもんの依代、柊恵理子さん。
日常の象徴かと思っていたらあんな事になってしまった訳ですが、
彼女は彼女で疑問に感じる点がいくつかあるわけです。


■疑問1
その一つが上述したように恵理子が夢に入れた理由。
ssg02-10.jpg
このように恵理子を夢へ招こうと提案したのは晶です。
夢界絡みで水希以外が提案しているのはこれが初めてだったりします。
無論『水希が条件付を行っているという仮定が正しいならば』と言う前提付きではありますが、上記のシーン以降、水希と恵理子が直接あっているシーンが無いため何かしらのアクションを取る暇は無かったように思われます。
(描写されてないだけという可能性も否定できませんが)

仮定に仮定を上塗りするようなものですが、恵理子を夢へと招いているのは実は聖十郎なのでは、なんてことも考えています。
条件付けを昔に仕込んでいたセージがいて、今回のこの展開によりその条件が満たされた、なんてことも考えられるのではないでしょうか。
次の項で書きますが、セージにとって恵理子は少なからず意味がある存在であるように感じられます。
他の有象無象と違い、恵理子と剛蔵はセージの中で何かしらの役割を与えられているような気がするんですよね。



■疑問2
これは疑問というか引っかかるポイントなんですが、恵理子という名前。
夢界の第三層の名前もエリコなんですよね。
意味があるのか無いのか。偶然なのか必然なのか。あるいは誰かがそこに意味を与えたのか。
四四八が第八層《イェホーシュア》の名前を持っている事実も加味すると、この親子はなんともアレな感じがします。
セージがいつから夢界に入れていたのかは不明ですが、彼がそれを意識していないとは思えません。
上述した、セージにとっての意味があるのでは、と思わせる根拠がこの辺のポイントです。



■疑問3
そしてもう一つ。
これは第三話の内容ですが、空亡に捧げられていた恵理子はまあ本物であろうと想像されるわけです。
そうなると湧き上がる疑問。
恵理子は何故空亡に陵辱されながら死なないのか。

裏勾陣、夢界六勢力の中でも最凶にして最強である空亡の暴虐をその一身に受けて、死なないというのはどうも腑に落ちません。
現実世界で実態がないから、死という概念が奪われているとも考えられますが、そうなると恵理子の拠り所は一体何なのか。
原因はいくつか考えられます。
恵理子自身が『不死』と言う邯鄲の夢を持っている。
空亡が楽しむために恵理子を『殺さない夢』を使っている。
などなど。まああくまで推論に過ぎませんが。
恵理子が聖十郎の眷属、神咒でいうところの属神、のようなものになっていて、セージが恵理子を死なせない夢を使っているのでは、なんて線もあるのではとか考えています。

上記したように実態という拠り所が存在しない恵理子。
今作で『魂』と言う概念が出てくるのかは不明ですが、夢の中に存在する恵理子は言ってみれば幽体離脱した魂のみの存在。
それをセージが抱え込んでいるのでは、なんてことも考えられます。


まあそんな風に恵理子が普通に死んだわけじゃないと考えてしまうのには、第二話での彼女の扱いがなんとなく正田卿っぽくないと自分では感じているからです。
『夢界、第四層以降で死ねば現実でも死ぬ』
この前提は作品を俯瞰的に見ているプレイヤーの視点では舞台設定として予め与えられているものですが、登場人物にとってはそうは行きません。
『夢界で死ねば現実でも死ぬ』と言う事実を四四八たちに突き付ける役割のキャラクターを作者が用意しなければいけないわけですね。
この後合流するであろう貴族院辰宮、と言うか幽雫くんあたりにそういう説明をさせるシーンを入れても得られる結果は同じですが、四四八たちにとっては伝聞か直体験かでインパクトが違うのは待合ありません。
それについてはいいのですが、こうなると恵理子は『殺されるため』に用意されたキャラクターになってしまいます。
それが何となく正田卿っぽくないとか感じてしまうわけです。
何を分かったようなこと言ってるんだ、とか突っ込まれそうですが、まあ個人の印象なので温かい目でスルーしてください。
そんな訳で、恵理子にはまだ役割があるというか普通に今後も登場するのではとか思ったのです。
その結果が第三話なのですが、四話以降の恵理子は果たしてどうなるんですかね。



■恵理子のお願い
まあ疑問は疑問として本編のどっかしらで解説してくれるのではとか思いつつ、最後に忘れてはならないポイントを。
ssg02-12.jpg
このお願い。
あるいは選択肢と言う形でこの願いに関係した展開が出てくるかもしれませんが、その時には必ずこのお願いを思い出しましょう。

正田卿のこの発言。



選択誤るとバッドエンドとか普通にありそうです。



◇残りの気になるシーン
第二話でまとめるとしたらとりあえず以上のようになります。
他の夢介六勢力とかあれこれ考えられるポイントは多いですが、多すぎて触れるのもアレなので割愛します。
前回六勢力まとめの記事も上げてるのでそちらを参照してください。

残りとしましては、要所要所の気になるセリフや文など。
意味深なものやら意味不なものまでとりあえずぺたぺた貼っていきます。



■100年
ssg02-03.jpg
からの

ssg02-19.jpg
これ。

夢の外の四四八たちの現実が2014年だとすると、100年前といえば1914年。
大雑把に言えば1900年台前半と言えるわけですが、何があった時期かというと日露戦争からの第一次世界大戦。
見事に夢の世界、その時期なんですよね。

これもまた仮定なのですが、水希が眠っていた2年という時間が、夢の世界では100年に相当するのでは、なんてことも考えられます。
プロローグで叩きつけられた敗北から100年間眠り続け、目覚めてみると現実では2年が経過していた、とか。
まあこれはこれでループ物なのでは? と言う視点に矛盾するのでやはり仮定と言うか妄想に過ぎませんが。



■セージ
ssg02-09.jpg
セージの能力も大概謎ですが、模倣しているのでは、と言うのが一つの考え方。
語学とはその最たるもので、既に存在しているものを身に付ける、と読み取ればその能力に合致します。

ssg02-14.jpg

ssg02-25.jpg
そしてこれ。
セージについて見ていく上で『役に立つ』と言うのはキーワードになりそうです。
それはそれで、周りに嫉妬している、と言う剛蔵らのセリフとどう結びつくのかが気になってきますが。



■ループ?
そして誰もが感じるであろうループ説。
四四八たちが水希に感じている既知感じみたセリフは山のようにあるので張りはしませんが、それとは別にそれを匂わせるシーンをいくつか。
ssg02-19.jpg

ssg02-22.jpg

ssg02-23.jpg

ssg02-26.jpg
なんともまあ意味深ワードのデパート。
明影は当然としても、狩摩のセリフもなかなかにキてます。

しかしループといえばそれこそ既知感に苛まれます。デジャヴるんだよ、と言いたいこの感じ。
そう、Diesの世界観こそループのそれです。
同じネタを持ってくるでしょうか。個人的にはループ説はミスリーディング誘ってるようにしか思えないんですよね。
だからといって、こういったセリフが何を意味してるのかは分かりませんが。
また、Twitterとカウントダウンでの気になる発言もいくつか。


あとは6日前の鈴子のカウントダウンボイスを聞いてみてください。
なんとなーく、単純なループものじゃない匂いがしませんかね?



■湯飲み
ssg02-27.jpg
個人的に今のところ一番意味分からないセリフがこれです。
百合香と戦真館勢の関係がよく分からないので何とも言えませんが、地味に世界観に絡んでるセリフな気がするんですよね。
ただの勘ですが。
まあ自滅因子でもないゆなさんの勘なんて当てにならないんですけどね(




◇後書き
まあそんなこんなで第二話でした。
おかしい、第二話ちょろっとだけ触れて第三話も同じ記事でやろうと思ってたのになんだこの結末。
気が向けば今日中に、遅くても明後日には第三話の記事も上げると思います。約束はしません。

そんな訳で戦神館學園発売まであと4日。
首を長くして待ちましょう。
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

アクセスカウンタ
応援バナー
紅い瞳に映るセカイ 応援中!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。