紅い瞳に映るセカイ

紅い瞳に映るセカイ 応援中!!
プロフィール

ゆな

Author:ゆな
日々怠惰に過ごすエロゲーマー。
純愛と厨二があればとりあえず生きていける安上がりな冥土。
絶賛ピーターパン・シンドローム発症中。

Twitter
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
応援しているメーカー様
あかべぇそふとつぅ様 応援中!!
ALcot様 応援中!!
August様 応援中!!
Clochette様 応援中!!
CUBE様 応援中!!
Eternal様 応援中!!
Eushully様 応援中!!
FAVORITE様 応援中!!
FrontWing様 応援中!!
HOOKSOFT様 応援中!!
light様 応援中!!
Lillian様 応援中!!
Lump of Sugar様 応援中!!
ぱれっと様 応援中!!
PULLTOP様 応援中!!
PurpleSoftware様 応援中!!
SAGA PLANETS様 応援中!!
TYPE-MOON様 応援中!!
ういんどみる様 応援中!!
Whirlpool様 応援中!!
ゆりんゆりん様 応援中!!
ゆずソフト様 応援中!!
応援バナー
紅い瞳に映るセカイ 応援中!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天秤のLa DEA。戦女神MEMORIA 体験版レビュー 後半

戦女神MEMORIAってどんなゲームなの? そんなあなたにお送りしたいゆな日記。
どうもこんにちは。
そんな訳で前回の記事に引き続き、Eushullyさんから発売される『天秤のLa DEA。戦女神MEMORIA』についての記事です。
「天秤のLa DEA。戦女神MEMORIA」応援中!

今度こそ体験版に触れます。
今回ネタバレというほど内容のある体験版ではないため、そういう意味では記事に注意点はありません。
ゲームが自分のPCできちんと動くかどうかと言うチェック的な意味合いが強い体験版ですので、気になる方は自分でやってみることをオススメします。

という訳で相変わらず拙いレビューですがよろしくお願いします。


◆スペック
bg008.jpg
タイトル:天秤のLa DEA。戦女神MEMORIA
ジャンル:RPG
原画  :鳩月つみき、やくり、みつき、うろ、よしだたくま
シナリオ:高杉九郎、矢田影見、箱十
BGM :Emotional Union
発売日 :2014年4月25日
価格  :9,936円(税込)

■動作環境
●対応OS:WindowsXP/Vista/7/8 日本語版
●CPU:Corei3 以上(必須Core2Duo 2GHz相当)
●メモリ:2GB以上(必須1GB)
●HDD容量:約6.5GB
●読込ドライブ:DVD-ROMドライブ
●グラフィック:VRAM256MB以上
●DirectXバージョン:DirectX9.0c以上
●モニタ解像度:1280×720ドット以上
※Savageシリーズ、SiS6xx,7xxシリーズは不可。ノートパソコンでは必須環境より高いスペックが必要です。
※モニター解像度1280×720ドット未満ではプレイ出来ません。

本格的なRPGともあって求められるPCスペックはそれなりに高め。
自分にPCでちゃんと動くか体験版で確認する意義は十分にあると思います。
原画やシナリオは過去作に携わっている面々。
ADVとしての出来は正直蓋を開けてみるまで分かりません。
しかし値段高かった( これも消費増税のせいか……



◆UI
今回ユーザーインターフェイスはZEROやVERITAと大幅に変更がかかっています。
VERITAから4年も経っているためプログラム面で色々社内でもあったのでしょうか。
VERTAまでの感覚でやろうとすると非常に混乱します。

まず右クリックからして混乱。おなじみのパレット
bg017.jpg
↑これ
が無いんです。右クリックするとコンフィグ画面に飛ばされます。
bg018.jpg
コンフィグ画面はこんな感じ。
別段独特な設定などはありませんが、バトル中などの操作についても設定できるので自分がやりやすいように弄るのがいいと思います。
ボイス周りのコンフィグはこちら。
bg019.jpg
やはりあまり変な設定はありませんね。
キャラ別のテキストカラーも設定できる模様。正直キャラ多すぎるので下手に弄らないほうがいい気しかしませんが。

セーブ画面はこんな感じ。
bg020.jpg
10×20ページで総数200。
それにプラスしてオートセーブが10保存されます。オートセーブは街に戻るタイミングで更新されるみたいですね。
エウに慣れてない人に向けて言うと、セーブは量産しろ、これに尽きます。
上書きしていくのではなく新規作成しまくっていく感じでセーブを残しておかないと下手したら詰みます。
本当にガチのRPGなので選択肢以外でも迷宮に入る前などでセーブを残しておくのは鉄板です。



◆ゲームシステム
◇ADVパート
そんな訳で主に今回の体験版で確認したい要素であるシステム周り。
bg021.jpg
セーブは右クリックからしか呼び出せませんが、クイックセーブなどの機能はマウスを右下に持って行くと飛び出してきます。
なんか最近このタイプ多い。

通常の立ち絵画面はこんな感じ。
bg023.jpg
特筆すべき点は特に無いですかね。
ボイスが体験版には入っていないのでその辺については製品版を待たなければならないため何とも言えません。



◇自由行動
自由行動画面@ミルフェの街、はこんな感じ。
bg024.jpg
ZEROやVERITAとはかなり違った見た目になっています。
現時点で発生しているイベント等については右上を見る感じですかね。
一方で、編成画面やアイテム使用などは全て左上。
上述したVERITAまでのメニューパレットが左上に常時表示されているような感じですかね。
パーティ編成しよう、アイテム使おう、などと思って右クリックする癖はしばらく抜けない気がします。


自由行動画面@迷宮、はこんな感じ。
bg025.jpg
セリカのミニキャラのデザインが変わってる、なんてこと以外は概ねVERITAまでと同様。
ですが、やはりメニュー系は全部左上に。
索敵や飛翔の耳飾りもここにあります。
画面中央のマップはコンフィグ画面で表示する位置を変えられます。
ちなみに、女神化というゲージ。
VERITAまでの迷宮支配度的な役割のゲージですが、今回は扱いが少々異なります。
詳細は本編で説明してくれるためそちらを参照と言った感じですが、このゲージバトルするたびに減るようです。
迷宮画面で放置してても増えも減りもしません。
これが0になってもゲームオーバーになったりはしないようですが、経験値などが全く入らなくなるので注意が必要です。


編成画面を開くとこんな感じ。
bg028.jpg
これはセリカを選択した状況です。
装備などはこの画面で変更し、出撃させるかどうかもこの状態で決定させます。
出撃させるには左下のミニマップをクリックしたりすればいいみたいですね。
憑依については新システム。詳細は本編で確認して下さい。
リリエムなどの出撃可能キャラも憑依させられますが、憑依させたキャラは出撃させられなくなるので注意ですね。
しかしこの憑依、キャラの相性やら同時に憑依させる相性やらがあってすごい面倒臭そう(
細かいポイントですが、今回セリカの防具を外しても防御属性神格位にならないようですね。
本当に今回のセリカ弱い……


特技使用画面はこんな感じ。
bg030.jpg
現状ではシュリしかいませんが、キャラが増えるとこの欄も見難くなりそう……
アイテム使用画面もこれと同じ漢字ですね。
この画面ではフィールドで使えるものしか表示されませんので、覚えてる一覧を表示させるには別画面。
画面左上の『状況』から一覧を呼び出せます。
bg032.jpg
この画面は本当に現状を確認するだけのページ。
特にここから何かをしたり使ったりなどは出来ません。



◇バトル
バトル画面はこんな感じ。
bg026.jpg
今までと本当に違いますね。
バトルシステムそのものは同じなため最初は本当に混乱します。
やはりメニューパレットは表示されず、行動はすべて画面左上で選択します。
現在誰のターンなのかは右下に表示されますが、行動選択そのものは左上で行うため、ぼーっと見てると今誰の番なのか一瞬分からないこともしばしば。
この辺は製品版で修正入るようですね。
攻撃の対象などは画面中央のミニキャラをクリックしても選択できますが、こんな角度のためやりにくいです。
大人しく画面左側にある配置図のようなものをクリックする方がミスなく出来そうです。

また、画面下にある見慣れないモノ。
右下にある履歴というのはそのままの意味で、今までにどんな順番で誰が行動したのかという表示。
これそのものに意味はありませんが、今回『連鎖』と言うシステムがあり、その確認という意味合いがありますかね。
連鎖は味方の攻撃が連続すると攻撃力が上がっていくというシステムですね。
また、連鎖が繋がるほど下のSPIRIT GAUGEのチャージ幅も大きくなります。


左側にある『SPIRIT GAUGE』と言うのは総攻撃というシステムに関係するゲージですね。
総攻撃のスキルを開放すると攻撃する度にゲージが貯まるようになり、ゲージがマックスになると次に攻撃する人の攻撃が総攻撃に変化します。
bg029.jpg
簡単に言えばタイミングよくクリックすると攻撃力上がるよシステム。
バカに出来ない強化具合ですが、マウスでこれをこなそうとすると非常に難しい。
と言うか、どのタイミングでクリックすればいいのかさっぱり分かりません。
正直どうなのかというほど反応が悪いのでゲームパッドを使うか、エンターキーでこなすのがやりやすいかと思います。
一応製品版ではこの辺も修正入るようです。

戦闘中に特技を選択した場合の画面がこんな感じ。
bg027.jpg
やっぱりここも表示が変わっていて色々見にくい。
ただ属性表が表示されているのはいいですね。相変わらず無駄に属性多いためこれを覚えるの面倒くさいですし。



そして今回の新システム『機能開放』
bg031.jpg
なんか見た目からしてとても面倒臭そう(
なんとなくFF10のスフィア版を思い出しますが、似てるような違うようなそんな感じです。
先の編成画面などにスキルの習熟度等がありませんでしたが、その辺の機能がまるまるここに移された感じ。
セリカの経験値割り振りシステムも廃止されていますね。
戦闘する度に機能開放ポイントが貯まっていき、それを消費して新しい技を覚えたり総攻撃などの機能を開放したりと、そんな感じのようです。
体験版の範囲なのであまり無茶な数字はありませんが、製品版になるとこれがどうなるのか……
上手いことポイントを割り振っていかないとなかなか厳しいバトルを強いられたりしそうですね。



◆後書きと総評
シナリオについては特に触れるポイントもないので無しです。
合成や錬成などについても実際にプレイしてみてください。
しっかし本当にVERITAまでとは同じようで違うシステム周り。
慣れるまでミスクリックしたりカーソルが迷子になったり、そんなんばっかりです。
体験版から製品版で変更されるポイントも多くあるようですし、製品版ではもう少し使いやすいようになってくれればと思います。

ところで、今回の体験版シナリオ。
真っ当に進むと黒髪少女ことアリシアちゃんは毎度のごとく山賊の皆さんに酷いことされてしまうわけですが、一回引き返すと助けられるという事実。
本来の戦女神1の正史ではアリシアちゃんは助けられないらしいですが、初っ端からなかなかシビアな分岐条件な臭がしますね。
分かりやすい選択肢ではないので本当に自力でやるとなると難しくなりそうです。

そんなこんなで体験版レビューでした。
RPGやADVとしては心配はしていませんが、システム周りがどこまで変わるかがまだ分からないので、不安があるとすれば底でしょうか。
体験版に実装されている範囲ではやはり実際にやってみるのが一番だと思います。
習うより慣れろ。やってる内にいろいろ分かってきます。
そんな訳で、今回はこの辺で。
サキガケ体験版もやりたいので、次はそのレビューですかね。
ここまでお付き合いいただいた方は本当にありがとうございました。



ところでダサいと評判の必殺技セリカさん。
bg022.jpg
これも製品版で修正されるようですが、どんな感じになるんですかね(

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

アクセスカウンタ
応援バナー
紅い瞳に映るセカイ 応援中!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。